血液と勃起とメガリス
診察をしている医者

メガリスを服用した際に起こる勃起現象を、医学的な視点から解明していきます。

タダラフィルという成分について

いわゆるEDと呼ばれる勃起不全の治療薬にはいくつかの種類がありますが、そのうちの1つにタダラフィルがあります。
販売時の商品名は異なっていても、主成分名としてタダラフィルの名があるものは、基本的に同じ種類の薬です。
タダラフィルという成分については、ある種の高血圧症や前立腺肥大症にも用いられていますが、一般によく知られているのはED治療薬としてです。
2003年に販売が開始され、日本においては2007年に承認されました。
国内で正規に入手するには処方箋が必要ですが、輸入代行などにより購入することも可能です。
タダラフィルは服用すると体内にあるPDE-5という酵素の活性を阻害します。
PDE-5の働きが抑制されると、陰茎周辺部の血管が拡張し、血流が増加します。
これにより勃起が導かれ、性行為を行うに十分なレベルに達します。
ただし性欲亢進効果はないため、勃起を促すための物理的あるいは精神的な何らかの性的刺激は必要です。
タダラフィルを他のED治療薬と比較した場合の特徴としては、薬効が食事やアルコールによって影響されにくいという点が挙げられます。
また、効果が最大36時間程度と長時間持続するのも特徴の1つです。
したがって、服用のタイミングをあまり細かく計算しなくてもよいというメリットがあります。