血液と勃起とメガリス
診察をしている医者

メガリスを服用した際に起こる勃起現象を、医学的な視点から解明していきます。

勃起力を高めるメガリスの利点とエストロゲンの関係

メガリスは勃起力を強くするといった効能のある薬です。ED改善のほか、射精後のペニスの回復が早いといった効果があります。メガリスに含まれている主成分はタダラフィルと呼ばれるもので、これはペニス周辺の血行を良くする効果があり、この結果、高い勃起力を得ることができます。また男性の身体には勃起を抑制しようとする酵素が存在していますが、これら酵素の働きを抑制する効果があり、勃起しづらくなったり持続しないといった場合に勃起を維持する効果があります。
メガリスの利点としては、なんといっても持続時間が長いということで30時間程度は効果が続くとされます。また食べ物やお酒などの影響を受けないので、早めに飲んでおくということもできます。ただし、注意点としては血行がよくなるため、血管や心臓への負担が大きくなり、循環器系に病気を有している人は服用しない方が無難です。一方でデメリットとしては国内では正規流通していないため、輸入している医院で処方してもらうか、個人輸入で購入するしかないという点です。
一方で男性が勃起しなくなる原因としては男性ホルモンの減少が考えられます。特に更年期になるとエストロゲン(女性ホルモン)と男性ホルモンの比率が変化しバランスが崩れるケースが多く、その結果性機能が著しく低下してしまいます。この場合にもメガリスを利用すれば勃起そのものには効果がありますが、性欲そのものまで改善するには至らず満足いく結果が得られません。このため、日頃からホルモンの状態を維持するためにバランスのとれた食事や睡眠時間、ストレスをためないといったことが大切で、特にビタミンやタンパク質を適度に補給する必要があります。