血液と勃起とメガリス
診察をしている医者

メガリスを服用した際に起こる勃起現象を、医学的な視点から解明していきます。

早漏と勃起不全は別の病気である

勃起不全と呼ばれることもあるEDと共に男性の代表的な問題となる症状に早漏がありますが、早漏と勃起不全は別の病気です。
病気といっても、例えばパートナーがいないケースなどでは、特に何の問題ともならないこともあります。
勃起不全では挿入できるほどに陰茎が硬くならなかったり、勃起する時間が極端に短かったり、あるいは全くたたなかったりしますが、早漏では極端に射精が早くなるのが特徴です。
勃起と早漏を司る神経回路は違うので、勃起しても射精しなかったり勃起しなくても射精する場合があるほどです。
早漏の定義にはっきりとしたものはありませんが、一般的には挿入後2分以内での射精や射精のコントロールが不能であったり、そうしたことが原因で本人やパートナーが苦痛を感じることが条件となっています。
しかし女性同士での性行為に満足感を持つ人もいることや、実際には女性であった人間が男性に扮して女性パートナーを長年満足させてきたケースがあることなどを考えると、創意工夫による問題解決の方法は少なくないと言えそうです。
早漏そのものを治すには、自慰行為などで自らの身体の反応を注意深く把握し、射精直前に刺激を止め、興奮がやや治まってから再び刺激を続けるという訓練が有効です。